羊男のモンタージュ

写真と、ラグビーと、ニュージーランドと。

ダーフィールド(Darfield)に行ってきた

f:id:nzsheep:20180810131902j:plain

先週の金曜日、ドライブがてらにダーフィールド(Darfield)に行ってきました。ダーフィールドはクライストチャーチの西、約35kmほど行ったところにある町です。冬のこの時期は、カンタベリーで有名なスキー場のひとつ「マウント・ハット(Mt Hutt Ski Area)」を利用する人が泊まったりすることがある町で、町中にはレンタルスキーなどのお店があったりします。また、クライストチャーチからアーサーズパス国立公園に車で向かう場合、途中通過する町となっています。

しかし、私(とかみさん)は別にスキーに行くために行ったわけではありません。

続きを読む

日本のサマータイム騒動に思う

f:id:nzsheep:20180808183527j:image

ここ数日、日本でサマータイム制を導入するかもというニュースが出ていますね。はてなブックマークでもサマータイム関連のニュースが良くあがってきます。ブックマークのコメントなどを見ていると、どうもサマータイムを誤解しているのでは?という意見を見かけたりします。

www3.nhk.or.jp

 

この中でなんたら研究所の主任エコノミストという人がこんなことを言っています。

「会社の始業や就業が早まって余暇が確保できれば、趣味や飲食に充てる時間が増えて年間5000億円くらい個人消費が伸びるという見方もあります」

何言ってるんだ?という感じ。サマータイムでは始業や就業は早まりません。

サマータイムでは標準時をずらすので、例えば9:00-18:00という始業/就業時間の会社があった場合、その会社の始業/就業時間は9:00-18:00です。(その会社がサマータイム中だけ始業/就業時間を変更するなら別ですが)

また、はてなブックマークのコメントで導入されれば博物館が開いている時間に会社が終わるから良いというコメントを見ましたが、そんなこともありません。そも博物館がサマータイム中は閉館時間を遅くするなら別ですが。

暮らしている人からすれば日の出、日の入りの時間が遅くなる、つまりサマータイムがなかったら20:00頃に暗くなるのに(1時間ずらすのであれば)21:00頃に暗くなるというだけです。

以下の記事がとてもよくまとまっていますので、上の説明に?と思う方は是非読んでみて下さい。

 

lastline.hatenablog.com

 

以前、観光ガイドをしていた際、サマータイム(デイライトセービング)の説明をしたところ、子供の頃に戦後日本で導入されたサマータイムを経験したというお客様がいました。その方のお家は農家で、夏場は手伝いをしていた(させられていた)そうで、日の出ているうちは仕事をしなければならなかったので 働く時間が伸びただけだったと仰っていました。ニュージーランドでは明るかろうが暗かろうが、時間が来たら仕事は終わりというのが基本なので、デイライトセービングで明るい時間が伸びると多くの人がそその時間で公園に行ったりとアウトドアの遊びを楽しみます。日本でもサマータイムの恩恵を受けるには、就業時間で仕事は終わりという働き方が定着しないと意味がないのでは?と思います。それに今の日本の夏はかなり暑いようなので、仮にみんな仕事をきちんと終わったとしても、暑くて外で楽しむような気にならないかもしれませんね。

 

そんな根本的に日本でサマータイムが意味があるのか?とかいう以前に、オリンピックの暑さ対策だとか、2年限定だとか(これはやるなら恒久的という話が出たようですが)、他国でも見られない2時間ずらしとか、思い付きでやろうとしてる?としか思えない感じがひどい。しかもいま検討して来年からとか正気の沙汰とは思えない。

 

さらに、おり、オリンピックって言ってるけど、サマータイムの期間によってはラグビーワールドカップにも影響でるんんだけど、大丈夫なの?いや、大丈夫じゃないでしょう?

 

と、いうことで是非変なことはやめていただきたいと思う今日この頃です。

 

スーパーラグビー 2018 決勝: クルセイダーズ v ライオンズ

f:id:nzsheep:20180806190124j:image

先週の土曜日(8月4日)は、今シーズンのスーパーラグビーの決勝戦、クルセイダーズ v ライオンズがおこなわれました。このカードは昨年の決勝と同じ組み合わせとなったのですが、昨年はライオンズの本拠地での決勝。今年はクルセイダーズの本拠地、クライストチャーチでの決勝。クライストチャーチでの決勝は10年振り。もちろん行ってきました。

 

 

この日も仕事があったので、仕事から帰ってちょっと一休みしてからスタジアムへ。

 

 

順調にスタジアム到着。応援の気合を入れるため、到着後、無料のフェイスペイントサービスでほっぺたにチームカラーの赤黒の線を入れてもらいました。

 

 

準決勝がニュージーランドチーム同士だったにもかかわらず、満員にならなかったこともあって、観客の入りがかなり気になっていたのですが、結果的にしっかり満席(実際にはポツポツと空席もあったようにも見えましたがぱっと見は満席)でした。

 

 

クルセイダーズホースマンはこの日もスタジアムを回りました。が、ダンサーズはお休みでした。

 

この後、選手入場、試合となりましたが、試合に集中してツイートはなし。

 

 

ハーフタイムで20-6でクルセイダーズがリード。上のツイートにも書いたように、ディフェンスがかなり良かった。

後半も試合に集中してツイートはーなし。

 

 

最終的には37-18でクルセイダーズが連覇!スタジアムも盛り上がりました。いつもは撤収の早いニュージーランドの観客も表彰式までほとんどが残っていました。

 

 

そして、表彰式を見た後に帰宅。地上波で約2時間遅れで放送となっていたものを一杯飲みながら観戦して、再度優勝を噛み締めて寝ました。

 

いやぁ、良かった、良かった。